★「ボタ山であそんだころ」原画展 | 西日本新聞 オンラインブックストア

2015/07/02 17:35

日本を支えた炭鉱町。そこに暮らす少女たちを描いた絵本「ボタ山であそんだころ」(出版社:福音館書店の原画展が
福岡市・天神2丁目の「ギャラリーおいし」で開かれています。入場無料。




作家の石川えりこさんは福岡県稲築町(現嘉麻市)出身。
記憶に残るボタ山やどろの川を黒々と鉛筆で描いています。
愛らしいのに、どこか危うい。
独特の構図のゆがみや鉛筆のざらつきがそう思わせるのでしょうか?
不思議な世界が堪能できます。

会場では毎日午前11時と午後1時半から読み聞かせもあります。
期間は7月5日(日)まで。ぜひ足を運んでみてください。

その石川さんが絵を担当した弊社出版の絵本「すずこ」もよろしくお願いします。



炭鉱といえば、こちらもおすすめです。

こちらも要チェック!“いいね” 大歓迎です。