1/9

季刊のぼろ Vol.38(2022・秋)

¥1,000 税込

¥3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

第1特集は「九州脊梁 分水嶺のたからもの」。
「九州の背骨」といわれる九州脊梁(熊本県、宮崎県)。背骨は分水嶺として水を育み、豊かな植生を育む「たからもの」だった。折り重なるような深い谷と山には、6千ヘクタールの森が今なお自然のままに息づいている。その存在は過去、存亡の危機にあった。多様なルートを有する九州脊梁の今と昔、そして未来へ。たからものを巡る物語。

<記事内容・ルート>
〇 SF作家、梶尾真治さん(熊本市在住)と行く白鳥山:
 著作「未来のおもいで」の舞台となった同山を一緒に。
〇 脊梁をコアに楽しむ:脊梁を愛する人々が、最深部でテント泊。
▽平家落人伝説の「白鳥山」:
 ウエノウチ登山口(熊本県八代市)→白鳥山→峰越登山口(宮崎県椎葉村)
▽ 古道や幻想的な森も楽しめる「向坂山」:
 五ヶ瀬スキー場(宮崎県五ヶ瀬町)→向坂山→白岩山
▽「烏帽子岳~五勇岳~国見岳」:峰越登山口(椎葉村)→烏帽子岳→五勇岳~峰越登山口
▽ 脊梁北端で阿蘇一望「トンギリ山」:
 栗藤登山口(熊本県山都町)→トンギリ山→黒峰→舞岳登山口(同町)
▽ 分水嶺を歩く2泊3日のロングトレイル:
 神ノ前登山口(山都町)→黒峰→小川岳など→唐谷登山口(椎葉村)

Pick Upは「ぶらり途中下車の山」
今秋、西九州新幹線が開通する。アクセスが向上して〝近く〟なった分、沿線をゆっくり楽しんでみては? 佐賀は武雄温泉駅から延びる佐世保線から登れる「黒髪山」、長崎は諫早駅から島原鉄道に乗り換えて「普賢岳」へ。「郡岳」からは、新幹線高架が見下ろせた。山頂ではご当地の弁当をほおばり、周辺の楽しみ方も提案!

【連載】
<秋のベストルート>
■福岡県朝倉市 鳥屋山
■長崎県雲仙市 鉢巻山~吾妻岳
■福岡県添田町・大分県日田市 岳滅鬼山
■山口県下関市 竜王山

<秋の低山万歳>
□佐賀県唐津市 衣干山
□佐賀県大町町・多久市 聖岳~鬼ノ鼻山
□鹿児島県南さつま市 磯間嶽

<エッセー>「ジャパニーズ・カリブー よもやま話 栗秋正寿 ほか

【新連載】
『Camp&Hike』糸島ピクニックビレッジ+立石山
『ギア道』 ほか

西日本新聞社 編
128ページ/A4判変型/本体909円+税
ISBN 978-4-8167-1004-9 C0075
2022年9月10日発行

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品