季刊のぼろ Vol.29(2020・夏)

特集は「くじゅうで会いましょう。
春夏秋冬のあの山、この道。私たちのくじゅうLOVE」

山登りという行動が山と自分との一対一で叶うものではないということ。
多くの人の力を借りて、また、多くの人たちと分け合っているものだということを
コロナ禍であらためて気づかされました。

取材に出られず、企画を白紙に戻した私たちは
7年間の「季刊のぼろ」を振り返ることから始めました。
たくさんの書き手、撮影者、デザイナー達が作ってくれたページに
読者の方から叱咤も、激励もたくさんの声をいただいてきました。

お互いの距離が近いのは同じ九州に暮らし
九州の山や自然を愛する仲間だからでしょう。

今回の特集は自粛中に何度も思いを募らせた
私たちの母なる山、くじゅうです。
春夏秋冬のあの山、この道をたどり
新しい写真と、アーカイブ写真を組み合わせて
くじゅうの魅力をもう一度見つめ直してみました。

山は隠れません。いつ歩いても喜びがあり
美しい四季はまためぐってきます。
末永く九州の山々を楽しみたい人たちと
これからも多くの喜びを分かち合えますように。
分散登山を心掛けながら、さて、どの季節にお会いしましょうか。

【特集内容】
・巻頭グラビア
・We Love くじゅう MAP くじゅう全体マップ
・WE LOVE THIS ROUTE.1~5
 長者原登山口で会いましょう。
 牧ノ戸峠登山口で会いましょう。
 赤川登山口で会いましょう。
 男池登山口で会いましょう。
 吉部登山口で会いましょう。
・くじゅうルートマップ
・<インタビュー>
 無くしちゃいかんのよ、この場所は。 法華院温泉山荘 弘蔵岳久さん
・山への期待感と余韻に浸る くじゅう山麓の宿
・くじゅうを守り、ひとびとを守る
・「山のトイレを考える」
・LET'S TALK ABOUT THE FUTURE OF KUJU
・LET'S THINK ABOUT CORONA CRISIS AND MOUNTAINEERING

【第2特集】
「九州の尾瀬 樫原湿原 花と昆虫の楽園を訪ねて」佐賀県唐津市

<インタビュー> 1年間徒歩で九州一周 登った山は134座 お笑いコンビ「ムラビト」
<ルポ> 身近な山に潜む危険 道迷い、冷静に対応を

【連載】
●「そうだ! 読者に会いに行こう 山好きさん、こんにちは」
●「のぼろ図書館/「法医昆虫学捜査官」 川瀬七緒 著/高倉美恵
● Best Route In Summer
・白髪岳(熊本県)
・文殊山~嘉納山~嵩山(山口県)
・御岳(鹿児島県)
・鷹取山(福岡県)
●Question 山の害虫の対処方法は?
●すぐに使える小ネタ集 山のがめ煮
●季節の情報盛りだくさん 九州のアウトドアイベント
●くじゅうの麓から 河野綾子
●読者のページ  山好きさん、いらっしゃ~い!
●矢野寛治+佐藤秀一の「峠の立ち休み」
●読者プレゼントページ
●バックナンバーと定期購読のお知らせ
●読者プレゼント、おたよりの応募はこちら! アンケート応募用紙

西日本新聞社 編
128ページ/A4判変型/本体909円+税
ISBN978-4-8167-0981-4 C0075
2020年6月19日発行

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト運輸

    全国一律 350円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する