ながのばあちゃんの食術指南

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 本のサイズや数量で変更

    全国一律 300円

※2,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 西日本新聞紙面の連載をまとめたレシピ本。農業を営む、85歳の長野路代さんが考案する地元食材を使った、時間とお金をかけないレシピは好評です。安くて栄養価の高い旬の食材を調理して1年を通して利用する漬物や調味料などの保存法を中心に紹介します。
 掲載中に反響が大きかった赤麴やだしのもとのほか、どんな料理にも合うコショウ酢、手間がかかると思われがちなタケノコの簡単な処理、梅一つで6通りのアレンジ術、自分流に味付けできる白菜漬け、残りご飯でつくるおやつなど、収録したオリジナルレシピを含む64種を掲載します。

<著者プロフィール>
1930年、福岡県飯塚市生まれ。農家の主婦として培った技を生かし、60歳で地域の女性たちと地元農産物を使った加工品を手づくりする「野乃実会」を結成。県農産加工品コンクールで銀賞と受賞した「ゆずドレッシング」や「甘酒こうじ入 赤とうがらし」などのヒット商品を生み出す。「食で地域おこしを」と、加工品製造や料理教室を行う傍ら、レストランのメニュー開発にも携わり、食のアドバイザーとして活動している。西日本新聞に「ながのばあちゃんの食術指南」を連載中。

長野路代・佐藤弘 著
A5判/144ページ/並製
ISBN978-4-8167-0904-3 C0077
2015年8月12日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する