これからもそうだ。

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 本のサイズや数量で変更

    全国一律 300円

※2,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 「死にたくなければ一流の小説を書くしかない。
そしてそれは、私にとって死ぬほど難しい行為なのだ。」
 芥川賞受賞作家、初のエッセイ集。高校卒業後、一切職に就くことなく自宅で小説を書き続けたという異色の経歴で知られる作家が、異邦人としていくつかの街をさまよい歩く。
 思索の旅路で作家は何と出合うのか。彼の目に、街はどう映るのか─。
 新聞連載随筆「見切り発車」をはじめ、これまでに発表されたエッセイを多数収録。
 作家として生きていくためのもがき、一途さが、
飾らない真っすぐな言葉でつづられた傑作選。
 「私は書く以外に仕事をしておらず、する気もない。書くことと書いた作品によってしか責任はとれない。それが出来ないとなれば、生きてゆく資格がない。」(本文より)

田中慎弥 著
184ページ/四六判変型/上製
ISBN978-4-8167-0849-7 C0095
2012年4月20日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する