糀でつくる一汁三菜 イキイキごはんで適量生活

¥ 1,296

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

※1,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 著者は中村学園大学教授の大部正代教授で、福岡県栄養士会会長。
 ブーム以前から糀の「減塩」効果に着目し、成分分析などを専門機関に依頼するなど、栄養学的側面から研究してきました。
 本書では35年にわたる病院での管理栄養士の経験をもとに、1食600kcal未満に設定した献立を紹介します。
 もう1人の著者浅利妙峰さんは、大分県佐伯市の老舗「糀屋本店」女将。「塩糀ブーム」の火付け役として、テレビ出演、講演などで活躍中。レシピでは素材の旨みを引き出す糀の特性を生かした使い方やコツをアドバイスします。
 カロリーを限定し、1品ずつに栄養成分を詳しく明記することで、カロリーや塩分が気になる高血圧や糖尿病予備軍の方のほか、福祉施設や病院など働く栄養士の利用も期待できる本格的な料理本です。 話題の「糀」に日本の伝統的な食事形態である「一汁三菜」を取り入れることで、食べすぎないバランスのとれた食生活を提案します。

大部正代・浅利妙峰 著
86ページ/B5判/並製
ISBN978-4-8167-0859-6 C0077
2013年3月1日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する