大分県のしいたけ料理の本

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 本のサイズや数量で変更

    全国一律 300円

※2,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 乾しいたけの生産量シェア日本一の大分県は、全国品評会で50年連続優勝を遂げるなど品質でも群を抜いています。

 本書は、郷土の食文化を後世に語り継ぐために、大分県のしいたけ料理をレシピ付きで23品収録。農家4組の営み、栽培方法、世界農業遺産に選ばれた農林水産循環のしくみなども紹介します。

 著者の一人、神谷禎恵さんは大分県乾しいたけ大使、大分県の食育推進委員であり、郷土料理を伝える「生活工房とうがらし」(宇佐市)代表として全国各地で料理指導や講演活動を行っています。

【著者紹介】
・神谷禎恵(かみやよしえ)
 1966年生まれ、福岡市在住。「生活工房とうがらし」代表として、ふるさとの大分・宇佐に伝わる伝承料理を伝える。大分県乾しいたけ大使として、国内外にその魅力を広める活動を精力的に行う。調味料マイスター(日本野菜ソムリエ協会)として国内外で講座を開くなど活躍。

・小坂章子(こさかあきこ)
 1974年生まれ、福岡市在住のライター。九州を中心に、気候風土や土壌とつながり生きる人々の手仕事やものづくりの取材などを行う。ライフワークは、珈琲と喫茶店。著書に『福岡喫茶散歩』『九州喫茶散歩』(いずれも書肆侃侃房)など。

神谷禎恵・小坂章子 著
120ページ/B5判/本体1,500円+税
ISBN978-4-8167-0940-1 C0077
2017年6月30日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する