本邦初の洋食屋 自由亭と草野丈吉

¥ 2,916

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

※1,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 幕末から明治にかけて、日本における西洋料理のパイオニアとして活躍した草野丈吉(長崎出身)。長崎で最初の店を開き、その後大阪、京都、神戸で外国人ホテルを併設した「JEUTEI」(自由亭)を開店し、人気を集めました。

 本書は、丈吉の歴史を絡ませながら、南蛮人の来航と肉食文化の広がり、幕末の長崎の食事情、居留地の洋食事情といった日本西洋料理の黎明期の記録を、さまざまな文献を基にまとめた研究書です。

 当時のレシピから再現した料理を、坂本洋司氏(西洋料理現代の名工、全日本司厨士協会長崎県本部理事長)監修のもと再現、撮影し掲載しています。

 著者は1950年生まれ、現在長崎市歴史民俗資料館長。

永松実 著/坂本洋司 料理監修
272ページ/菊判/本体2700円+税
ISBN978-4-8167-0920-3 C0039
2016年6月1日発行

発行:えぬ編集室
発売:西日本新聞社

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する