西日本人物誌(19)野村望東尼

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

※1,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 福岡が生んだ歌人、野村望東尼(1806~1867)は高杉晋作ら幕末の志士とも交流があったことで知られています。
 近年見つかった資料も加味して、文才が花開く生い立ちや境遇、幽閉・投獄された晩年の不遇などを丹念に追い、後世にイメージ付けられてしまった「女流勤皇家」の実相に迫ります。西日本人物誌シリーズは本書で19巻目となります。

小河扶希子 著
248ページ/四六判/並製
ISBN978-4-8167-0757-5 C0023
2008年4月28日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する