銀行との闘い方 不況時代の企業経営者心得

 本書は2008年4月から2009年4月まで、本紙経済面に連載されたコラム「平原さんの中小企業心得」に加筆し、再構成したものです。
 著者の平原理日朗(ひらはら・よしひろ)さんは1968年、福岡市生まれ。専門学校を経営していた父親が多額の借金を残したまま他界した後、千回を超える債権者たちとの交渉によって、3年間で6億円の借金を約6千万円までに圧縮。その経験を生かし、 現在は、同市で中小企業向けの資金調達、資金繰りを専門にアドバイスするコンサルタント業を営んでいます。平原さんは「銀行と企業は、商取引のビジネスパートナーとして対等な関係でなければならない」と指摘。
 借金返済のノウハウや銀行との具体的な交渉術をはじめ、激動の時代を生き抜くための金融や財務についての基礎知識、大切な心得などを紹介します。

平原理日朗 著
176ページ/四六判/並製
ISBN978-4-8167-0798-8 C0034
2009年11月13日発行

¥ 1,296

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト運輸

    全国一律 350円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。