盤上の攻防 将棋王位戦五十年

¥ 1,646

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 本のサイズや数量で変更

    全国一律 300円

※2,500円以上のご注文で送料が無料になります。

 23歳の新鋭広瀬章人六段(タイトル獲得後七段)が51期の座を奪取、新たな時代へと突入した、将棋七大タイトルの一つ王位戦。昨年50期までにタイトルを手にした棋士は計11人。昭和生まれの棋士が台頭し始めた1960年に、4冠目のタイトル戦として誕生。歴代王位には、故大山康晴十五世名人をはじめ、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、羽生善治名人、深浦康市九段などそうそうたる名前が並ぶ。
 本書は、王位戦が生まれた前史、大山時代、中原時代、戦国時代、羽生時代に分けて、頂上決戦を振り返りながら、王位戦の半世紀をつづる。さらに、歴代王位10人が「わたしと王位戦」と題して、思い出を語る。
 25年間、王位戦を取材し続けた記者の熱いまなざしと豊富な知識が、緊張感ある名勝負をつぶさに伝えており、棋士たちの人間味あふれる表情も魅力的。

高林譲司 著
192ページ/上製
ISBN 978-4-8167-0820-6 C0076
2010年9月1日発行

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する